Menu

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームの注意点

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームって、最近結構見かけるようになりました。非常にメリットは多いと思いますが、私達が海上コンテナ・seacontainerのトランクルームと向き合うとき、いろいろと注意しなければならない問題点も見えて来ます。

おすすめの海上コンテナ

そのトランクルーム投資は違法かも

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームで、投資というモチベーションの方々もいらっしゃるかもしれないですよね。しかし、それって、違法かもしれません。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームの中の多くは、 野積みコンテナとも言われて、 建築確認を取得していない違法な建築物であることをご存じでしょうか。そのような違法建築物なのに知ってか知らぬか、賃料を請求したりというケースがあります。

そもそも、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、海上を行き来する役割を持ったものであり、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、本来の使われ方とは違います。

海上コンテナ・seacontainerとしては、いちいち建築物という見なされ方をしている訳ではありませんからね。

しかし、海上コンテナ・seacontainerのトランクルームという場合では、建築物です。したがって、建築基準法をしっかり守る必要があります。

建築基準法に準拠する必要

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、建築基準法に準拠する必要があるということなのです。 主要構造がサビなどで腐食してしまっているものを、そのまま海上コンテナ・seacontainerのトランクルームとして使用するなんて論外です。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、コンクリートまたは同レベルの強度を持つ基礎の上に設置される必要があり、コンテナと基礎が緊結されてある必要があります。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームは、基礎の上に置くだけでいいから簡単という気持ちで、海上コンテナ・seacontainerのトランクルーム事業を始めようというモチベーションでは、即建築基準法にひっかかってしまうでしょう。

海上コンテナ・seacontainerのトランクルームとコンテナハウスを接合することも不可欠です。そのような方法を手抜きしてしまっていることはないでしょうか。

また海上コンテナ・seacontainerの倉庫として使用する場合にも、建築基準法に対応した改造を施す必要が出てきます。

また、はじめから材質、強度など、建築基準法をクリアした基準によって制作されたコンテナを使う必要があります。

新着記事