Menu

海上コンテナ・seacontainerの問題点

いま、海上コンテナ・seacontainerは、どのような問題を抱えているのでしょうか。物流・logisticsが、スムーズに進行しているからこそ、私達の暮らしも満たされるのです。

そんな海上コンテナ・seacontainerのあり方を、しっかり理解することも大事なことです。

海上コンテナといったら

ドライバー不足

物流・logistics全般について話しをすれば、圧倒的にドライバー不足の問題を抱えています。そして、物流・logistics業界が、そのような問題と、現在真剣に向き合っているのかといえば、まだまだ現状そこに到達していないということができるのではないでしょうか。

今後このままの状態では、もっと大きな危機を迎えることになります。

今いる50~60歳あたりのドライバーは全体の約40%近くもいて、高齢化社会についても、今後もっと深刻な問題を抱えてしまうことになります。

海上コンテナ・seacontainer業界も、決してそのような問題は無関係とはいうことができません。

そもそも、就職しようと思って、ストレートに「海上コンテナ・seacontainer」と向き合える人たちは、確率的にもどの程度いるのでしょうか。

滞留してしまう貨物が全体の4割

海上コンテナ・seacontainerという存在は、規格が同じなので、より効率的に物流・logistics作業を行うことができ、非常にコスパもいいです。しかし、最近の海上コンテナ・seacontainerの傾向は、輸送されずに滞留してしまう貨物が全体の4割程度も残っていて、仕事にならない!という声も聞こえて来ます。

やっぱり、海上コンテナ・seacontainerがどのように優れているものであっても、結局、海上コンテナ・seacontainerを上手く活かすのは人間の力にすぎないのです。

ターミナルが万全な機能を果たさない

更に海上コンテナ・seacontainerについしての問題点を考えてみましょう。

海上コンテナ・seacontainerの需要は非常に高く、最近では、海上コンテナ・seacontainerを扱うことができるターミナルが万全な機能を果たさず、追いつかなくなって来ているという言われ方もしています。

受付を待つ渋滞が激化している現状を見れば、やっぱり海上コンテナ・seacontainerをしっかり使いこなすことができていないともいうことができます。

今後、しっかり考えていかなければならない問題です。

そして、東京オリンピック・東京パラリンピック開催において、海上コンテナ・seacontainerは、もっと深刻な問題を抱えることになるかもしれません。

東京の首都高速をはじめ、都内の道路交通網は完全麻痺し。渋滞が激化するのではないでしょうか。

新着記事