Menu

海上コンテナ・seacontainer・横長の巨大ビル

海上コンテナ・seacontainerにロマンスを感じている人たちも
多いのではないでしょうか。

海上コンテナ・seacontainerとは、言い方を変えれば横長の巨大ビルです。

海上コンテナ・seacontainerとは、輸送において、欠かすことができない存在です。船に、海上コンテナ・seacontainerが整然と積まれる光景は、まるで美しいアートです。

海上コンテナといったら

海上コンテナ・seacontainerの美しさ

はじめて海上コンテナ・seacontainerを目撃した人たちは、そこにロマンを感じ、美しい!と言ってしまうのではないでしょうか。

海上コンテナ・seacontainerは、想像しているよりも大きく、そのようなものが陸と陸をつないでくれていたのです。

約2万Twenty Feet Equivalent Unit

2017年7月の時点で就航している世界最大の海上コンテナ・seacontainerは、約2万Twenty Feet Equivalent Unitです。

20フィートの海上コンテナ・seacontainerは、長さが20フィート(約6m)、幅が8フィート(約2.4m)です。

面積は、約14㎡程度。 2万個置かれれば、 28万㎡もの広さのものになります。

大阪のあべのハルカス(タワー館の高さは300m)ということなので、 2万TEUの海上コンテナ・seacontainerは、それ以上ということになります。

本当に海上コンテナ・seacontainerは、あなたが想像しているよりも偉大なのです。

また東京の築地市場の敷地面積は約23万㎡程度ですよね。海上コンテナ・seacontainerの
中には、東京の築地市場の敷地面積は約23万㎡が丸ごと収まってしまう程度なのです。

遠くから見て、海上コンテナ・seacontainerは、米粒のようだ……と言っている人たちは、もうちょっとマジマジと海上コンテナ・seacontainerを見つめ直してください。

多国籍化するビジネス環境

海上コンテナ・seacontainerは、どんどん巨大化している現状にあります。もっと効率性のことを考えると自ずとそういうことになってしまうでしょう。

そして、それに伴いビジネス環境も多国籍化する傾向があります。

規模の大きな海上コンテナ・seacontainerは、もう希という感じでもなくなって来ています。本当に海上コンテナ・seacontainerの大きさに驚かれる人たちも多いことでしょう。

そのような海上コンテナ・seacontainerが一体何をしているのかといえば、海という巨大なハードルを、取り去ろうとしているのです。

海上コンテナ・seacontainerの存在が増えるほど、陸と陸はどんどん身近になり、「陸
続き」になっていくことになります。

新着記事