Menu

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが環境を守る

いま、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトというモチベーションが俄然アップしています。

いま、日本は、環境保護という言葉が飛び交い、環境を保護しなければならないから、日本の経済は停滞してしまったのかという向きもあります。

果たして、そんな環境保護のモチベーションは、長続きさせることができるのでしょうか。

環境保護に対して疑問を持っている人たちも多くいるのではないでしょうか。

鉄道輸送コンテナなら

環境保護、二酸化炭素削減

当然日本は、先進国として、環境保護、二酸化炭素削減の問題ともしっかり向き合っていく必要があります。

そして、環境保護、二酸化炭素削減を重視して日本経済は成長が止まったとも言われています。

このような問題を果たして、両立してどう解決していくことができるのでしょうか。

経済が停滞しない方法は実際に存在しているのでしょうか。

日本は、果たして環境問題だけ真剣に考えていけばいいのでしょうか。

GDPが中国に抜かれ、韓国に追われている現状があれば、今度は、真剣に、経済発展を日本は考えていかなければなりません。

しかし、環境保護も決して無視することができません。日本は、それを両立して、世界の見本となる国を確立しなければならないでしょう。

環境対策と経済成長のバランス

要は環境対策と経済成長のバランスをしっかり維持することができるかです。そして、私達が真剣に考えていかなければならないのは、日本経済の屋台骨的存在の「物流」に対してです。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフト

我々は、いま、真剣に屋台骨的存在の鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトについて考えていかなければならないでしょう。

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトとは、より環境負荷の低い輸送・交通手段へと切り替える手段のことです。

トラックの中距離輸送から、鉄道輸送・railtransportに変えることがモーダルシフトです。

京都議定書の発行以降では、日本の二酸化炭素削減策の一つとして、モーダルシフトというキーワードが俄然囁かれるようになりました。

鉄道輸送・railtransportが、一番、二酸化炭素を排出しない輸送モードなのです。しかし、現状、鉄道輸送・railtransportのシェアは驚く程低く、多くは、トラックの中距離輸送に依存しすぎる程依存してしまっている現実があります。

まさに鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトは、二酸化炭素排出量がトラックの中距離輸送の7分の1あたりにすることができる手段なのです。 

新着記事